↓ 大手探偵事務所の浮気調査には、慰謝料請求のサポートも含まれています ↓

浮気調査におすすめの探偵事務所一覧

浮気夫へ復讐!犯罪にならない効果的な仕返し方法と体験談まとめ

  • 浮気をする人が全て悪い
  • 浮気をした人は文句を言う権利はない
  • 浮気をした人はどんな罰にも耐えなければならない

浮気された立場からすると、そう考えるものです。

 

浮気されたことでパートナーは心に一生消えない傷を付けられ、場合によっては精神状態が良くなるまで数年から数十年の期間を要します。
そのため、「それだけのことをされたのだから復讐しても許される」と思い、復讐する人が実は多いのです。
ですが、復讐の方法を間違えると被害者だったはずの自分が加害者に変わります。
やってはいけないこととは何か、正しい復讐方法とは何か、一度落ち着いて確認してみましょう。

 

 

浮気夫へ復讐!仕返しした妻の体験談まとめ

ここでは、実際にあった浮気した夫への復讐エピソードをご紹介します。

 

women 20代女性

結婚二年目で夫に浮気された。
離婚はしなかったけど、愛が驚くほど消え失せてしまった。

 

その後は浮気のショックでノイローゼになったふりして
腐った材料で作った激マズ飯を食卓に並べてる。
(自分は新鮮な材料で別に作る)

 

家事はしないし帰ってきた夫に全部やらせて
寝る前には1時間マッサージさせる。
まあ、これだけじゃ全然足りないから今度夫のボーナス全部使って
友達とヨーロッパ旅行行って豪遊します。

 

women 20代女性

妊娠中に浮気しやがったクソ夫!!
子どものために離婚は避けたけど、
夫の銀行通帳と印鑑を管理しているのは私。
小遣いは月に6000円(昼食代200円x30日間)、飲み会なんて行かせない。
金額が少ないと愚痴をこぼしたら罰金10000円。(小遣い6000円なのにw)

 

完全に夫婦仲は冷めてるけど、夫は子供だけは大好きなので
離婚したら会えなくなるのが嫌で離婚できない。
ざまあwwww

 

women 30代女性

呪術サイトで夫に呪いをかけた。
一週間後に夫、階段から落ちて骨折。
救急車呼ばずに放置したら自分で電話かけて呼んでたw
神様は見ているんだね。

 

women 20代女性

家に女を連れ込んでると勘づいてから、バレないよう入念に監視カメラを設置。
おかげで、見事に誰が見ても不倫してるのが分かる、行為の最中の動画を撮る事に成功したので、そいつを夫の周辺にばら撒いてやったwww

 

まずは夫の実家、次に働いている会社にも匿名で送りつけた。
あとは、夫の飲み仲間や旧友など。

 

もちろん会社は速攻クビになり、両親からは勘当、友達も軒並み離れていき、誰も周りにいなくなった。
今になって私しか頼れる人がいないと思ってすがってくるのを見ても、もう面白いとしか思えないww

 

明日にはあいつの一番大切に思っているであろう娘を連れて、実家に帰ろうと思ってる。
いっそこのまま孤独死すればいいのに。

 

women 30代女性

浮気をしているのは分かっていたけど、ある考えがあってそのまま触れず。
ばれない様にケータイを盗み見て次に浮気相手と密会する場所・時間を特定。

 

夫の誕生日に会うようだったから、当日、後を付けていった。
二人がラブホテルへ入ろうとした瞬間、
大声で「ハッピーバースデー!!!!!○○!!!!!!!」
と言いながらキ○ガイのふりして
全力疾走で近づき生クリーム部分が全部”からし”のホールケーキを顔面にお見舞い。

 

あの時の夫の「ふごおっ×▽○aljlgll!!!!!」
という叫びと浮気相手の恐怖に満ちた顔が忘れられないw

 

women 30代女性

仕事と嘘をつき、女と会っていた旦那。

 

ラインで連絡取っていたので、寝ている間にラインを乗っ取り、監視。
バカなやり取りをしていたので現行犯で電話を掛け、旦那の荷物をごみ袋に詰めて義理親に取りに来させた。
夜には私の実家に呼びつけ、親子揃って土下座。
相手が元同僚だったので会社の社長にもばらした。
もちろん浮気相手の女の実家、職場にも連絡。

 

エッチしてなかったし、子供とお金の為に離婚はしてないけど、ラインはロックを掛け、小遣いはなし、GPSもつけて、タイムカード持って帰らせてます。
死んだらいいのに。

 

women 40代女性

携帯のメール、車から避妊具、金融業者から意味不明の請求などなどで、浮気がバレバレ、でも認めない。挙げ句の果てに逆ギレをする。
だから仕返しに、少しでも嫌な事を言ったら、窓を開けて、妾と別れてと叫んで、暴れてやった。
それでも、おさまらないから旦那の実家に、全てぶちまけてやった。
その後、実家とは、付き合いを断ち切った。

 

↑このページの先頭に戻る

こんな復讐はNG!浮気された側が加害者になるケース

ショックを受ける女性

「やられたらやりかえす」ではありませんが、どうにかして仕返ししたい、罪を意識させて反省させたいと思うのは当然です。
しかし、そうして自分の気持ちのままに復讐した結果、浮気された側が罪に問われるケースがあるのです。

 

夫に暴力(DV)を振るう・怪我をさせる

DVが一番多いと言われています。
浮気が発覚し、気持ちの整理がつかずに夫に辛く当たってしまうことはあるかもしれませんが、行き過ぎるとDVになる可能性があります。
浮気されたから復讐してやる!といった気持ちの人がやりがちな行為です。

 

また、DVには2種類存在します。

物理的な暴力

物理的な暴力はそのままの意味で、夫を叩いたり外傷を与えたりすることです。
外傷が増えるので第三者から見ても一目瞭然です。

 

言葉の暴力

言葉の暴力とは、暴言を吐くなどして精神的に追い詰めるといった行為です。
一見すると見た目には影響がないため、物理的な暴力よりも優しいように感じますが、場合によっては物理的な暴力よりもダメージがひどくなる場合があります。
それが原因でノイローゼになってしまったり、精神的に病んでしまう人もいるようです。

 

浮気された側がDVで訴えられた場合の罪状は「傷害罪」や「暴行罪」になります。

 

傷害罪=相手に怪我を負わせてしまった場合
15年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 

暴行罪=怪我はしてないが暴力をふるった場合
2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留もしくは科料

 

夫の所有物を破壊する・勝手に持ち出す

夫が使っているパソコンやスマホ、趣味で集めている物、車などを壊すような行為は「器物損壊罪」に問われます。

 

器物損壊罪
3年以下の懲役又は30万円以下の罰金もしくは科料

 

また、夫のパソコンやスマホ、趣味で集めている物、車などを許可なく勝手に持ち出したりする行為は「窃盗罪」に問われる可能性があります。

 

窃盗罪
10年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 

ネットで拡散する、近所にビラをまく、職場に乗り込む、言いふらす

浮気されたことをたくさんの人に知ってもらいたい、離婚の理由は私にあるのではなく夫の浮気が原因だと知ってもらいたい。
そんな時、効率よく広める方法は「ネットでの拡散」「ビラ配り」など、多くの人が集まる場で公表することです。
こういった行為は相手の名誉を著しく損なうため、「名誉棄損」や「プライバシー侵害」の罪に問われる可能性があります。

 

名誉棄損
3年以下の懲役もしくは禁錮又は50万円以下の罰金

 

ただし、ネットの場合は氏名や住所などの個人を特定する情報を書き込まなければ罪には問われません。
近所のビラ配り、職場へ言いふらす行為などはネットよりも簡単に特定することができるため、名誉棄損になる可能性が高くなります。

 

夫の両親に告げ口する(復縁目的の相談以外で)

浮気されたらまずは自分の両親や夫の両親に報告する人が多いのですが、実はこれも「名誉棄損」や「プライバシー侵害」の罪に問われる可能性があります。
肉親でも当事者からすると第三者(=他人)になります。
復縁を目的とした相談なら問題ないとされていますが、そうでなければ浮気を言いふらしたのと同じと捉えられてしまいます。
また、親に報告した後にたくさんの人に言いふらしてしまう可能性もあります。

 

名誉棄損
3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金

 

浮気をネタに脅す

浮気が発覚したことで、仕返しに夫を自分の都合のいいように操ろうと脅迫まがいなことをするケースがあります。

 

例:

  • 「子供やあなたの実家・親族にばらす」
  • 「あなたの職場にばらす」
  • 「あなたの不倫画像をネットにばらまく」
  • 「ばらしてほしくなければ○○しろ」

など、脅しともとれるような行動を取ってしまうと「脅迫罪」に問われる可能性があります。

 

脅迫罪
2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

 

 

慰謝料や離婚に関して、本来であれば浮気された側が有利に進みます。
しかし、上記のような行き過ぎた復讐行為によって、立場が逆になる可能性があります。
処罰を受けるだけでなく、最悪の場合慰謝料はもらえなくなり、離婚も夫の方が有利に進んでしまうので、間違った方法で復讐してはいけません。

 

↑このページの先頭に戻る

合法的に夫に復讐する方法7選

夫を責める女性

法に触れない復讐方法もいくつか存在します。

 

1.お小遣いを減らす

一番簡単で効果的なのがお小遣いを減らすことです。
浮気された場合はお小遣いを減らして、外で遊べないようにすればいいのです。
例えば毎月3万円だったお小遣いを1万円に減額したり、1日500円などに変更します。

 

2.家事をしない(悪意の遺棄にならない範囲で)

今までやっていた家事のほとんどを放棄します。
そして、帰ってきた夫にできるだけやってもらいましょう。
また、寝る前に毎日マッサージしてもらう等も効果的です。

 

3.仕事後まっすぐ帰らせる

浮気をする時間帯は、そのほとんどが「仕事が終わってから」です。
そのため、仕事が終わったらどこにも寄らずに家に帰ってきてもらうというのは非常に効果的です。
飲み会などにも一切参加させないようにすればいいでしょう。
お小遣いの減額やまとまったお金を渡さないようにすれば自然と帰ってくるようになります。

 

4.どこにいるか逐一連絡させる

普段の行動に関係ない場所にいたら浮気、とは言い切れませんが、定期的にどこにいるのかを報告してもらうのは非常に効果的です。
基本的に人間は毎日のローテーションが決まっており、浮気などイレギュラーなことをする際はそのローテーションから逸脱することが多いものです。
GPSを持たせるというのも手段の一つです。

 

5.高価なものをプレゼントしてもらう

普段絶対に自分では購入しないものを買ってもらいましょう。
アクセサリーやブランド物のバッグ、海外旅行や豪華なディナーもいいでしょう。
浮気相手に使うお金があるなら自分に使ってもらうのは良いことですし、物欲も満たすことができます。

 

6.親権を取る

子供がいる場合、親権を取るのが効果的です。
浮気はしたけど子供は大好き、という人が多いのでそれだけで抑止力になります。

 

7.慰謝料請求をする

一番嫌なことはやはりお金の問題でしょう。
金額はケースバイケースですが、数十万〜数百万のお金が動くことになります。

 

↑このページの先頭に戻る

最も効果的な復讐方法とは?

慰謝料

夫に対してやりすぎてしまうと知らぬ間に法に触れてしまう可能性がありますが、慰謝料請求は法的に認められていますし、最も効果的です。

 

メリット1:金銭的負担を与えられる

慰謝料請求の相場はだいたい50〜300万円ほどになります。
数百万円というと普段なかなか使うことのない大金ですから、夫の金銭的負担は相当なものでしょう。

 

メリット2:精神的苦痛、屈辱を与えられる

「お金を支払わなければならない」というのは事実上負けを意味し、夫にとてつもない屈辱を与えることができます。
また、浮気がばれて慰謝料まで支払わされたと知られれば、社会的立場や周囲からの評価にも影響し、精神的苦痛を味わうことになります。

 

メリット3:受け取ったお金は自分のために使える

慰謝料請求で受け取った金銭は、「夫から受けた精神的苦痛に対して賠償してもらう」ためのものです。
夫に気を遣ったりせず、全て自分のために使っても何の問題もありません。

 

慰謝料の金額の決まり方

慰謝料にははっきりとした金額の基準はなく、次のような要素を基に決められます。

 

  • 婚姻期間
  • 浮気の期間・頻度
  • 浮気前の夫婦関係(夫婦仲は良かったかどうか)
  • 浮気への積極性(夫が主導だったかどうか)
  • 収入・資産
  • 夫婦間の子供の有無
  • 浮気相手との子供の有無

など

 

また、今後の夫婦関係がどうなるかによっても相場が変わってきます。

離婚や別居が無く、夫婦関係を継続する場合 50万円〜100万円
浮気が原因で別居することになった場合 100万円〜200万円
浮気が原因で離婚することになった場合 200万円〜300万円

 

↑このページの先頭に戻る

浮気の慰謝料請求に必要なこと

慰謝料を請求するにあたって一番重要なのは、「浮気の証拠」がしっかりとあることです。
浮気の慰謝料をとるためには、請求する側が浮気があったことを証明しなければなりません。
弁護士や裁判を通して話を進める場合でも、浮気の証拠を必ず用意することになります。

 

決定的な証拠になるもの

基本的に決定的な証拠となるものは、肉体関係があることがわかるものになります。

  • ホテルなどに出入りする写真(同じ相手と複数回)
  • 自宅や自家用車にカメラを設置し、不貞が映像として残っている
  • 自宅や自家用車にボイスレコーダーを設置し、浮気現場の声が残っている
  • 夫や浮気相手の自白

など

 

決定的な証拠にならないもの

逆に肉体関係を確定させることができないものについては、効力が弱く証拠として認められない可能性が高いです。

  • メールやSNSの履歴(内容による)
  • レシートや領収書・二人が並んで歩いている写真や映像
  • 電話の発信履歴や着信履歴

など

 

これらは夫婦間での話し合い程度でしか使えませんので注意して下さい。

 

証拠を押さえるメリット1:浮気を認めさせられる

証拠がないと「そんなの言いがかりだ」「だったら証拠を見せてみろ」などと言い逃れをして、まともに取り合わないパターンがほとんどです。
そんな好き勝手に振る舞う夫でも、こちらから証拠を突き付ければ浮気を認めざるを得ないでしょう。

 

証拠を押さえるメリット2:自分が有利になる

決定的な証拠とはつまり「第三者から見ても浮気がはっきりわかるもの」です。
この証拠を武器にすれば、調停や裁判に発展した時でも「浮気した夫が悪い」と調停委員や裁判官を納得させることができます。
その結果、裁判に勝てる、慰謝料の増額に成功するなど自分に有利な条件で決着を付けられます。

 

証拠を手に入れるにはどうすればいい?

証拠がなければ慰謝料が減ったり、もらえないことも多々あります。
ですが、素人が行った浮気調査で入手した証拠は、基本的に弁護士や裁判で認められる可能性が非常に低いです。
それに、夫の浮気を目の当たりにして精神的苦痛を受けたり、思わず2人の前に飛び出したりして事態を悪化させてしまうこともあるでしょう。

 

そのため、安心かつ確実に浮気の証拠を集めるなら探偵に依頼するのがベストです。
探偵ならプロの技術で精度の高い証拠を押さえられますし、慰謝料請求や裁判で勝てるようサポートをしてくれるというメリットがあります。

 

夫に勝てる浮気調査!好実績の原一探偵事務所とは

探偵業界の中でも、浮気調査で特に有名な原一探偵事務所をご紹介しましょう。

 

原一

 

無料相談フリーダイヤル(24時間対応・年中無休):0120-70-1622

 

原一探偵事務所は、創業40年以上、11万件以上の依頼を解決し、テレビでも調査協力をするなど数々の実績を残しています。
この実績の高さは調査員の技術力が成し得るもので、在籍しているのは長年の経験を積んだベテランの調査員ばかりです。
ターゲットにばれずに動くことができるので、証拠はターゲットの顔がはっきり写っている、2人でホテルに入る瞬間を捉えているなど他社には真似できないような完成度の高いものが仕上がります。
この証拠は裁判でも使えるため、慰謝料請求や離婚を考えている方の強力な武器となります。

 

調査料金はどれくらい?安くする方法は?

そこまで大がかりな調査をするとなると気になるのが料金です。
ですが、原一探偵事務所なら依頼内容や予算を相談した上で見積もりを出してもらえるので、法外な料金を要求されることはありません。
それに、調査すれば慰謝料がしっかり勝ち取れるのですから、そこから料金を支払えばいいのです。

 

調査料金の目安
  • 基本料金:40,000円
  • 調査料金:80,000円〜/1日 ※諸経費込
  • 見積もり後の追加料金なし

 

また、料金をなるべく安くするには自分の知っている情報をできる限り提供する必要があります。
情報が多い方が調査がスムーズになり、調査時間の短縮=コストカットにつながります。

提供する情報(一例)
  • 夫の勤務先
  • よく利用する駅、移動ルート
  • 夫の車(車種、色、ナンバー)
  • 浮気相手と会っている曜日や時間帯
  • 浮気相手がどこの誰なのか
  • 2人がよく行く場所

など

 

浮気相手と会う日に目星が付いているなら、その時間帯にピンポイントで調査を依頼することも可能です。
相手と会うまで何時間あるいは何日も待ってもらうより効率的でしょう。

 

相談・見積もり無料!

探偵事務所は敷居が高いと思われがちですが、原一探偵事務所では匿名非通知OKの無料相談を受け付けています。
24時間営業していますから、誰でも思い立った時に相談することができます。
もちろん相談した内容は秘密厳守で、問い合わせたからといって必ずしも契約をする必要はありません。
間違った復讐をしてしまう前に、夫が浮気していること、自分はどうしたいのかなど相談員に打ち明けて、今後どうするべきかアドバイスをもらっておきましょう。

 

↓ 原一探偵事務所の料金・浮気調査のサンプル等はこちらをクリック

原一ボタン

 

こちらの大手探偵事務所も参考に!

ここでは原一探偵事務所を挙げましたが、他の大手探偵事務所でも浮気調査を受け付けています。
当サイトでまとめた相談無料、実績多数の探偵事務所リストも是非参考にしてみて下さい。
問題解決までしっかりあなたをサポートしてくれますよ。

 

クリックしておすすめの大手探偵事務所一覧を見る

↓↓↓

浮気調査におすすめの探偵事務所一覧

 

↑このページの先頭に戻る

まとめ

「離婚はしたくないけど浮気の制裁はしたい」
「浮気されたから離婚したい」

 

復讐したい気持ちや夫に苦しんでほしい気持ちはわかりますが、絶対に間違った方法で復讐しないようにしましょう。
間違った方法で復讐すると自分が刑罰を受ける可能性が出てきます。
自分で判断せず、探偵など専門家の力を借り、確実な証拠を基に慰謝料請求を成功させ夫に制裁を加えましょう。

 

>夫の浮気に関する口コミや体験談はこちらまで!

 

↑このページの先頭に戻る