浮気調査におすすめの探偵事務所一覧

夫(旦那)の浮気の慰謝料を高くするポイント

配偶者(夫若しくは妻)の浮気で慰謝料を高くするには条件があります。
婚姻期間や浮気をしていた期間、子供の有無や浮気相手との間に子供がいるかどうか、相手の経済状況など、慰謝料の金額を左右するポイントを挙げて説明していきましょう。
また、いかなる場合であっても、慰謝料を請求する際には浮気の証拠をしっかりと掴む事が必要です。

 

 

浮気の慰謝料の相場・目安について

 

示談による慰謝料の相場

浮気をした時の慰謝料の相場は、一般的に約50万〜500万円位といわれています。
しかし、示談での交渉によっては双方の話し合いで「社会的地位を配慮して誰にも口外しない」という約束のもと1,000万円で決まる場合や1億円で決まる場合もあります。

 

裁判所における慰謝料決定の基準は?

裁判所における慰謝料の金額の相場は、約100万〜500万円といわれています。
裁判所においては、具体的な金額は判決後に言い渡されるものですが、金額を決める基準として、以下の3点が挙げられます。

@結婚期間の長さ
A浮気による離婚の原因の事実
B相手の収入

 

慰謝料の金額を左右する内容について

 

婚姻期間や浮気の期間

婚姻期間が長い程、高額な慰謝料を請求出来る可能性が高いものです。
それに伴い、浮気をしていた期間が長い程、高額の慰謝料を貰える可能性が高いといわれています。

 

請求する側と浮気相手の資産・年収

慰謝料を請求する側の資産や年収が少ないと高い金額の慰謝料を請求出来るといわれており、浮気相手の年収が高いほど高額な慰謝料を受け取れる場合があります。

 

年齢的な要因

不倫関係の開始・継続においてどちらがより積極的であったかというのも争点になります。
主導権を持っていた方に、より高い金額の慰謝料を請求する事が出来ます。
二人の年齢に開きがある場合、一般的に年齢の高い方が主導していたと見なされることが多いです。

 

初婚か再婚か

初婚か再婚かによって、慰謝料の金額は異なります。
初婚の方が再婚に比べて慰謝料が高くとれるといわれています。

 

子供の有無や浮気相手との間に子供が出来たかどうか

慰謝料を請求する側(浮気をされた側)とパートナー(浮気した配偶者)との間に子供が多い程、また、浮気相手との子供(婚外子)がいると高い慰謝料を請求する事が出来るといわれています。

 

配偶者の浮気による慰謝料を高くする3つのポイント

 

証拠をしっかり揃えておく事

 

浮気相手の言い逃れや巧みな弁解を防止する為には、証拠をしっかりと押さえておく事が必要です。

 

調停や訴訟をほのめかす

 

内容証明を送る時や直接会って話を進める場合において、支払の請求に応じなければ法的手続きをとる事を伝えておく事が大切です。
法的手続きを望む方は殆どいませんので、相手に心理的プレッシャーを与える事が出来ます。

 

精神的苦痛を受けた事を示す

 

相手の配慮のない行動によってどれほどの精神的な苦痛を味わってきたのかという内容についても、浮気相手にしっかりと主張するべきです。
もしも、浮気によって精神的苦痛を受けた事で病院に通ったという場合は、病院で受け取った診断書を相手に見せる事です。

 

示談であれ裁判であれ浮気の証拠は必須条件です

 

示談であっても裁判であっても浮気の証拠は、必須条件となります。
慰謝料の金額を高くするには、浮気をしたという事実を示す証拠を提示し、あなたへの精神的な苦痛は大きなものだったということを証明していかねばなりません。
示談交渉の場合でも必要になりますし、裁判においてはも裁判官に納得のいく内容である事が重要です。

 

浮気の事実を証明する為におすすめなのは?

浮気をした事実を証明する際に必要な証拠写真や浮気の事実で確証を得る為には、自力での浮気調査は大変困難であり、大きなリスクが伴います。
その為、浮気をしたという事実関係を裏付ける証拠を集める為にも、探偵事務所に浮気調査を依頼する事をおすすめします。

 

当サイトおすすめの大手探偵事務所は相談無料、実績多数ですので安心です。
問題解決までしっかりあなたをサポートしてくれますよ。

 

クリックしておすすめの大手探偵事務所一覧を見る

↓↓↓

浮気調査におすすめの探偵事務所一覧