浮気調査におすすめの探偵事務所一覧

夫の浮気で離婚後、子供の親権はどうなる?母親が親権者とは限らない?

離婚をする際にしばしば問題になるのが、親権をどちらが取るかということです。
今まで手塩にかけて育てた子供ですから、自分の元に置いておきたいというのは、母親として当然の気持ちだと思います。

 

しかし、男性の方が経済的に有利なことが多いものです。
離婚したら親権は浮気をした父親に取られてしまうのでしょうか。

 

親権とは…

親権とは、法律上は子供の身の回りの世話やしつけを行うことに関わる権利や義務と、未成年者の財産を管理し、法的手続きの代理を行う権利や義務のことを言います。

 

要は手元に置いて育てる権利、義務のことです。
親権をどちらが取るかは、両者の間の話し合いで円満に決めることが理想的です。
しかし、どちらも子供を失いたくないと言ってもめることの方が多いものです。

 

未成年の子供がいる時には、親権者を決めなくては離婚届を受理してもらうことができません。
そのような場合は家庭裁判所に申し立てて、調停か裁判で親権者を決めることになります。

 

子供の年齢に左右される場合

一般的には10歳以下の子供は、身の回りの世話をこまめに行うことが必要なので、母親が親権者になるケースが多いようです。
子供をほったらかして浮気をしていた母親に親権が認められたケースもあります。

 

しかし、15歳以上になると子供の判断能力が十分であると判断され、子供の意思が尊重される場合が多くなります。
ただし、離婚前に長期間、別居をしていた場合には、年齢に関わらず子供はその環境に順応していると判断され、子供と一緒に暮らしていた方に親権が認められるケースが多くなります。

 

子供が複数いる場合

また、子供が複数いる場合に調停や裁判をした場合は、原則的に夫婦のどちらか一方に全員の親権が与えられます。
特に子供の年齢が低い場合は、兄弟姉妹が分かれることで子供の成長に悪影響を与えてしまうことを懸念されるため、その傾向が強まります。

 

複数の子供の親権を別々に分けたいときには話し合いで決める方が確実です。
親権を変更するのはとても大変なので、後悔しないようにはじめにきちんと戦いましょう。