裁判に向けた夫浮気調査の方法

配偶者に不倫をされた場合、配偶者及び浮気相手に対して、精神的苦痛に対する損害賠償請求をすることができます。

 

慰謝料の請求をしたのに対して、配偶者及び浮気相手が素直にこれを認めてお金を支払ってくれれば問題はありませんが、これを認めようとしない場合、民事訴訟を提起することになります。

 

そして、民事訴訟になると、訴えを提起した側が、配偶者及び浮気相手が不倫をしていたことを証明しなければなりません。ここでいう「不倫」とは、不貞行為があったことを意味しますので、単に異性と二人で食事に行ったとか、毎日電話やメールで親しげな会話をしているというだけでは足りません。

 

そこで、裁判をするためには、「不貞行為」の証拠を掴む必要があります。
具体的には、配偶者と浮気相手間のメールなどから不貞行為の存在を窺わせるものを写真撮影するとか、配偶者と浮気相手がラブホテルに入る所と出てくる所を写真撮影するといった方法が考えられます。

 

メールの内容を記録することはご自分でも簡単にできますが、いつホテルに行くか分からない二人の不貞の現場を押さえるのは簡単ではありません。

 

そこで、探偵に浮気調査を依頼することが有益です。浮気調査を行っている探偵事務所は少なくありません。

 

GPSを利用して効率よく浮気調査を行ってくれますし、裁判の証拠として調査を行った経験が多い事務所であれば、裁判の証拠として利用できる証拠を押さえる方法を熟知していますので、安心してお任せすることができます。