不貞行為の証拠が浮気慰謝料の決定打

探偵事務所に配偶者の不貞行為の調査を依頼する際には、すでに離婚を見据えた戦略を立てている人が少なくありません。その旨を予め伝えておけば、戦略的に調査を遂行してくれるのでたいへん頼りになる存在です。

 

浮気調査では決定的な不貞行為の証拠を抑えることを明大としており、その任務遂行のために様々なスキルや機材を駆使して証拠の確保に尽力します。調査が複雑化したり、特殊な調査になると費用が高くなりますが、高額の費用を支払ってでもやる価値があります。

 

さて、物証を確保できたら、次の戦略にとりかかります。ここまでは探偵の仕事なので、次のステージには弁護士の存在が力になってくれます。仕事柄弁護士とのコネクションがある探偵に弁護士を紹介してもらうことも可能です。

 

浮気慰謝料の請求は、配偶者と不倫相手に請求可能です。不倫は社会的なダメージが大きいので、相手に対して社会的なダメージを与えたい場合には、職場に内容証明を送付することが大きな打撃となります。そのプロセスに入る前に自分自身を安全な場所に身をおいておく必要があります。

 

その点については弁護士が手配してくれるので、支持を仰ぎましょう。内容証明が相手の職場に届いたところで、これから弁護士の腕の見せ所となります。浮気慰謝料は300万円前後となりますが、状況によっては浮気慰謝料がさらに跳ね上がることがあります。離婚を前提に協議を行う場合には、全て弁護士に交渉を任せるという方法も可能です。

 

 

夫の浮気の証拠を確実に掴むなら!